歪み改善は、大は小を兼ねません。チカラではなく「質」が大事!


効果を出そうと
大きく!力強く!!と
頑張れば頑張るほど、
整わないのが肉体なのです!!!

 

 

 

左右対称シンメトリーな美しさを
軸から創る
シンメトリー美人プロデューサーの
Roeです。

 

 

「大は小を兼ねる」

 

ということわざありますよね。

 

意味:
大きいものは小さいもの代用として使える。
小さいものより大きいもののほうが使い道が広く役に立つということ

 

 

 

この通念で、
体のメンテナンスも捉えてしまうと

大きな動きで
大きな力で

 

アプローチしたら
効果が出るんじゃないかしらと
思いがちになります。

 

 

昨日のメルマガでお伝えしましたが、

過去のわたしが、マッサージは、
「強圧でお願いします!」
と言っていたように

大きな力を伴えば、
綺麗になれるんじゃないかしら
と思ってしまうこと。

 

 

小さいよりも
大きい方がいい!
という考え方は

 

 

実は
からだを整えることに関しては、
全く、当てはまらないのです。

Roe12.jpg 

 

「大は小を兼ねる」
という通念に捉われていると
体は、変化しにくいのです。

 

 

体は、
大きな動きをすればするほど
表面的な組織に作用しやすいのです。

 

 

体の根本、深層部分に
作用させる方法は、
力ではないのです。

 

本質を捉らえることができると
小さい動き
深層の組織に作用できるのです。

 

 頭蓋骨インテリ.png

 

これが、
シンメトリー美人メソッドが
巷のほぐすだけのエステ手技とは
全く違うところ。

 

 

チカラに頼ってしまっては
結果が出にくいのです。

 

 

力任せにグイグイしたところで
ゆがみが整うかというと

まっっっっったく
整うことはないのです。

 

むしろ、
チカラは極力いりません。

 

 

なので、
これまでチカラを必要としていた
エステティシャンの方が、

 

シンメトリー美人メソッドを学ぶと
目からウロコが落ちる
そんな状態になるかと思います。

 

 

そんな世界があったのか!と

 

 

 

ソフトな圧で
深層部を捉えるなんて

そんなことができるのか????

 

と大抵の人は、疑りますからね。^^

 

 

 

 

そういう意味で
シンメトリー美人のメソッドは
達人技ともいうべき手技なんです。

 

 

そんな達人技に
興味をもたれる方は
いらっしゃいませんか?^^

 

 

どんな手技だか
知りたくないですか?^^

 

 

 

 **************************

この秋!

75名のシンメトリー美人を誕生させた
テクニック&ビジネスツールが揃った

シンメトリー美人™アカデミー
オールインパッケージ

リリースします!!

アカデミー表紙2.png 

必要とされるお客様に
シンメトリー美人™が届けられるように

 

少しづつアカデミー生を
増やしていく予定です。

 

達人技が気になる!!
という方、

 

もうしばし、募集開始まで
お待ちくださいね!!!(^-^)/