悲しみ筋を解放させて輝く笑顔を正しく起動させる方法【シンメトリーLip】


前回、効率よくゆがみを解消するのであれば、
筋肉を解放してから再教育
という順番で行ってくださいとお伝えしました。
 

今回は、その具体的な考察をお伝えしますね。^^

 

 
 
感情を表す表情筋を
喜びを表す筋
悲しみを表す筋
に色分けしてデッサンをしてみました。
 
 
はい、ちょっと不気味ですが、お許しを^^;
 
 
向かって左が
笑顔の際に起動される筋です。
 
 
 
笑顔では、
目から口の間にある、
主ににある表情筋が起動されるのですね。
 
 
 
逆に、悲しみを表す際に起動する筋が右です。
笑顔の表情筋を上下から挟むようについてますね。
 
 
 
特に口から下の筋肉
全て悲しい表情を表す筋
だということが分かりますね。
 
 
 
つまり、
2つ前のメルマガで紹介した笑顔のはずなのに、
口角や下唇が下に引っ張られてしっまている原因は、

 
アゴについている
悲しみの表情筋が影響している
ものと
考えられるのです。
 
 
悲しかった時に堪えた想いが、
この筋肉に溜まり緊張させているのかもしれません。
 

筋肉は緊張が溜まると、
緊張したところに向きやすくなる
ので

 
笑顔の際に、引き上げる頬の表情筋を
起動させる力の一部
 
無意識に引き下げる筋肉を反応させてしまうのですね。
 
 
 
 
ということで
口角が下がってしまうゆがみの対策としては、
 
 
まず、口下の表情筋の緊張をリリース(解放)すること。
 
 
 
  • 口の周りの口輪筋や
  • 下アゴの下制筋
  • の広頚筋
をほぐすことです。
 
 
 
その後に、
引き上げる頬の表情筋を教育します。
 
 
  • 口角をあげたまた30秒キープなど
ちょっとした筋トレを行うと効果的です^^
 
 
そして、筋トレの最後にはストレッチで締めます。

(以前、ご紹介した「ふぐストレッチ」「広頚筋ストレッチ」など)

 

お顔に溜まっていた重みがなくなり
お顔ってこんなに軽かったんだぁ!と
感動されたり、爽快な気分にもなりますよ。

ぜひ、やってみてくださいね!^^

 
 

よりもっとシンメトリーになりたい方は、
無料で学べる!まんが電子書籍をダウンロードしてくださいね^^

https://symmetry-bijin.com/cp1/

あなたの手元にいつでもシンメトリーメソッドを
毎日届くシンメトリー美人メールレッスンはこちら