fbpx

【丸いお尻にならない敵は大臀筋にあるって知ってました?】


お尻の中心に丸みを出すコツ!

 

 

前回は、上向きお尻にするために

一番最初にほぐして欲しいお尻の一番上にある

中臀筋(ちゅうでんきん)

をほぐさないと
お尻の位置は絶対に上がらないとお伝えしました。

 

 

今日は、

お尻の中心に丸みを寄らせるポイントを

お伝えしますね。

 

 

 

それが、

仙骨の周りのキワ

なんです!

 

 

仙骨って、骨盤の真ん中にある
三角形の形をした骨。

B05E88F8-AA0C-4A82-AAF5-1CB62E29C529.jpeg

この仙骨のキワの部分が
どこかというと

ここ!!

 

663BF013-2582-4222-AEA1-C8B44E45DA71.jpeg

大臀筋(だいでんきん)の付け根。

 

 

はい!ここも
とっても凝りやすーい!!

 

ちなみに大臀筋は
大きくお尻を包み込んでいる筋肉。

 

大臀筋が硬く張り付いちゃうと
平坦なベタッとしたお尻
なりやすいんです。

股関節の大きな運動のない
歩いているだけの運動しかしてないと

大臀筋が張り付いてしまって
平坦尻になってしまいやすいですからね。

 

 

(詳しい理由は、直接わたしに会いに来てくれたらお伝えしますね^^)

 

 

ちなみにこの大臀筋の奥には

梨状筋(りじょうきん)

という仙骨と脚を繋げている筋肉があります。

A698F661-7C25-4952-A35E-7A7A6B98B78D.jpeg

 

この梨状筋も合わせて

仙骨のキワをほぐしてあげると

 

お尻は中から弾力のある

プリッとしたおケツに

なるのです。

 

 

 

ですから、

仙骨のフチを
テニスボールでほぐした際に
超絶に痛い!!

という方は、

 

ここをほぐすと、あなたのお尻は

今よりもっと丸みのあるぷりケツになる

余地があるということ!!!

 

希望を持ってくださいね!!

 

よりもっとシンメトリーになりたい方は、
毎日1日3分無料で学べる!シンメトリー美人メールレッスンに登録くださいね
登録されると電子書籍もダウンロードできます^^