平たい顔6【平たい顔から丸みを出す方法】打撃の力よりも頭蓋骨を動かしてしまう呼吸の力


打撃よりも頭蓋骨を
動かしてしまう呼吸の力

 
 
シンメトリー美人プロデュサーのRoeです。
 
 
 
 
年末は格闘技観戦が定番のRoeです。
 
 
顔から流血されながらも、
最後まで果敢に臨む
選手の皆さんのファイトと
 
 
見事に決めるキレの良い技に
興奮するのが好きなのです^^
 
 
 
 
さて、
「平たい顔の民族」シリーズで展開していたお話の続きでしたね^^
 
 
 
打撃で頭を殴られ、脳が揺れたりしても
 
実は、頭蓋骨自体は、
それほど動かないのです
 
 
 
 
パンチやキックなんかには
負けないぐらい頭蓋骨は強固なのです
 
 
 
 
というのも、
頭蓋骨は、強く早い衝撃には
ある程度、耐えることができる力

ともなっているのです。
 
 
頭蓋骨には、大切な脳を守る役割がありますからね。

 

 
ただし、
ある条件化においては、
簡単に動かされてしまうものなのです。
 
 
 
 
それが、
 
 
 
頭蓋骨の呼吸運動
合わせた力なのです。

 

呼吸によって運動する頭蓋骨の呼吸運動

 
 
頭蓋骨は、
息を吸うと骨の組み合わせ部分が
広がるように動き
 
息を吐く時に組み合わせ部分が
閉じるような動きをします。
 
 
 
つまり、
 
 
 
吸気において、横に広がりやすくなり
 
 
 
呼気においては、狭くなりやすいのです。
 
 
 
 
この仕組みによって、
 
これまでにお伝えしていた

 

顔の横の筋肉が緊張している方
 
 
 
仰向けで寝る時間が長い方は、
 
 
特に吸気顔が横に広がるように骨が連動しやすいのです。
 
 
 
 
 
 
呼吸と合わさった力のベクトルは、
 
打撃を受けた衝撃よりも
的確かつ容易に頭蓋骨を動かすことができてしまうのです。
 
 
 
 
このシステムを知っていかに
頭蓋骨をコントロールするかは、
セルフケアでは限界があります。
 
 
正しい方向と圧をコントロールする
施術を受けていただくことが一番の効果となります。
 
 
 
私も、先日、アカデミー生の施術練習で
モデルとして施術を受けた際に
顔幅が狭くなりましたからね^^
 
 
 
 
 
セルフケアももちろん大事ですが、
一段と効果を出す施術
やはり大きな変化を定着させてくれます。
 

 

 
 
**************
た顔が平たくなる3つの理由をお伝えしています。
 その1.仰向け寝 
 その2. 顔の横の筋肉の緊張
 その3.呼気による頭蓋骨の膨張←今ここ
***************
 

よりもっとシンメトリーになりたい方は、
無料で学べる!まんが電子書籍をダウンロードしてくださいね^^

https://symmetry-bijin.com/cp1/