fbpx

ゆがみを解消する日常動作5:「縦横リターン」の秘訣はイモリの手


「縦横ゆったりリターン」は
吸い付くイモリの手で

 

シンメトリー美人プロデューサーのRoeです。

 

前回は、
シャンプー時ゆがみを改善する
「縦横ゆったりリターン」
で一番大事なことが

・適度な
・ゆったりスピートだとお伝えしました。

 

 

 
今日は、この「縦横ゆったりリターン」を
ソフトにゆっくりと自然としやすくなるポイントをお伝えします。
 
 
 
 
通常のシャンプーの癖でつい
強くゴシゴシと
素早く動かしたくなるのが
 
 
ソフトにゆっくり
筋膜を捉えられるようになる方法です。
 
 
 

イモリの手でソフトにゆっくり筋膜を捉える

 
 
それがこちら!
イモリの手をイメージして、
指のを使うのです!
 
 

水辺に生息するイモリです。

このイモリの手って
吸盤のように密着するのです。
密着する力で壁をよじのばったりするのですね。
 
 
このイモリの手のように
密着を心がけると、
自然とソフトにゆっくりと動かすことができ
筋膜をゆるめる最大ポイントとなる
です。
 
 
 
 
 

シャンプー時指先を立てると筋膜はとらえられない

 
 
そもそも、シャンプーするときって
ゴシゴシと素早く動かしている際、
指先を立ててませんか?
 

指先を立てると、
頭皮との接地面になってしまうので
皮膚の下にある筋膜をうまく捉えられません

 

また、接地面が点になることで、
力が入りやすくなり

リズムが早くなりやすいのです。
 
 
 
 

筋膜は圧が強いと硬くなる

 
筋膜は外からの圧が強い
アルミの板のように
硬く
なってしまいます。

 

また、スピードが早くても
筋膜は硬いまま
で変化しないのです。

 
 
 
筋膜が固まることで
頭蓋骨もより一緒に固まってしまい、
ゆがみ改善ができないのです。
 
 
 
 

筋膜はソフトで遅いスピード
ジェル状にほぐれる

筋膜は、ソフトにゆった〜りとした
適度な遅いスピード
動かされると、

 
 
固まっていた部分が
ジェル状に溶け出してくる性質があるのです。
 
 
 
プリっとした弾力が出てきます。
すると、筋膜の固いしめつけがなくなり
それまで筋膜の緊張によって押さえつけられていた頭蓋骨
 
本来のあるべきところに戻ろとねじれがゆるみ始めます
 
 
 
 

筋膜のゆがみを改善する指の腹

 
 
ですので、ゆがみを改善する際は、
 

指の
先端ではなく、
指の
を当てて、
ジワ〜ッと動かしてください。
 
 
指の腹から第一関節あたりを
頭皮に張り付けるような感覚です。
 
 
決して、押すとか圧をかけるとかではなく
 
逆に、イモリの手のように
皮膚が吸い付くような吸盤のイメージです。
 
 
 
慣れてきた方は、
手のひらの膨らんだ箇所も頭皮に密着させて
吸盤の感覚を高めるといいですね^^

この手で
「縦横ゆったりリターン」

の動きをされてみてください。

 
頭皮との接地面が多いので力が分散されて

ソフトにゆったりとしたリズム

ほぐすことが自然と身につきます!
 
頭部全体がゆったりとゆるんで
気持ちいいですね〜^^
 
 
頭部が柔らかく弾力がついてくると
頭部の筋膜にぶらさがっている
表情筋もリフトアップしてきます。
シャンプー時にゆがみも整い、
お顔のリフトアップ出来るなんて
やらなきゃもったいない
ですね。

 

 

シャンプー時のゆがみを解消させる
「縦横ゆったりリターン」

 

ぜひ、習慣にしてやってみてくださいね^^

次回は、実際に一足早く
シンメトリー美人革命グループレッスンで
この縦横リターンをやってみた方々のお声をご紹介しますね
参考にされてくださいね。

 
 

よりもっとシンメトリーになりたい方は、
無料で学べる!まんが電子書籍をダウンロードしてくださいね^^

https://symmetry-bijin.com/cp2/?b