耳の高さ違いは歪みのバロメーター!メガネやサングラスが傾く方は必見!


耳の高さ違いに気がついてますか?
 
 
メガネやサングラスをかけて
「あれ?斜めになっている?」
 
 
ということで
気がつく方はいらっしゃるかと思います。
 

上記のモデルさんは、かすかに向かって右が低いですね。
 
 
 
というのは、
メガネっ子だった私Roeがそうでしたから。
 
 
 
ただ、子供ながらにそのことに
気がついたときは、
気のせいだと思っていたんです。
 
 
 
なぜなら、図工の授業で
「人の顔は左右対象ですからね」
と先生に教えられていたので、
 
 
 
自分の顔が対象でない!
なんてことがあるはずないと思ったのです。
 
 
 
 
ゆがみに気がついたものの、
ショックとともに、
気のせいだとしてしまったのです。
(^^;)
 
 
 
 
今は
高さ違いを整える方法を知っているので
当時の自分に
「大丈夫だよ、安心して」
と心の中で伝えています^^
 
 
 
 

 「ゆがみのバロメーター」である 耳の高さ違い

 
 
さて、耳の高さ違いは、
ゆがみのバロメーターであるんです。

 
日頃、大きなゆがみがない人でも
日によって高さ違いが
逆転していることもあります。

「今日のゆがみ度合いは、どうかな?」

と診るところでもあります。
 
 
 
ちょっとしたことで、
高さ違いが生まれても、
 
 
ちょっとしたメンテナンスで
ゆがみが解消されるのがなんです。
 
 
 
 
 
体の上に位置しているお顔。
その左右についている耳。

 
 
土台である体にゆがみがあることで、
 
そのゆがみ引っ張られるかのように
 
位置が変わってしまうのですよ。
 
 
 
 
耳の高さ違いを整えるには、
ポイントがあるんです。
 
 
体のつくりが理解できると
なるほどね!となります。
 
 
次回は、
文頭写真のモデルさんの傾きの原因
を紐解いてみますね。
 
 
 
 
 
1日1回3分でシンメトリー美人に近づける
シンメトリー美人メールレッスンはこちらから

 

よりもっとシンメトリーになりたい方は、
無料で学べる!まんが電子書籍をダウンロードしてくださいね^^

https://symmetry-bijin.com/cp1/