目のゆがみ構造の原因が見えてきますか?【シンメトリーeye】


*・**・*・*・*・**・*・*・*
  目のゆがみ構造が見えますか?

*・**・*・*・*・**・*・*・*

 
素敵なを伝えられる
”シンメトリーeye”
テーマにお伝えしています。
 
 
 
一昨日は、目の高さ違いを確認し、
昨日は、中心軸のずれをチェックしました。
 
このことから、
とあるゆがみの構造が見えてくるのです。
 
 
そのゆがみの構造が見えてくると、
解決方法も自ずと推定できるようになります。
 
 
 
おとといは、
向かって右側の眉が高いことから
額の骨の前頭骨も右側が上がっている
ことを示しました。
 
 
 
 
そして、昨日は、
両眉毛の中心が左側に寄っていましたね。
 
このことから
前頭骨が左に傾いていることが
わかります。
 
 
 
額の骨である前頭骨が、
右が上がって、左に傾いていること
 
つまり、
向かって左に、
圧が加わっている
緊張がある
ということが推定できるのです。
 
 
その証拠に
左の目は、右に比べて
目の縦の開きが小さいですよね。
 
前頭骨が向かって
左に傾いているから
です。
 
 
なお、さらに細く見ると、
目を奥から支えている蝶形骨が
後ろに引いているので、
目が引っ込むようにして
奥に入ってしまい、
小さくなっていることも
推定できます。
 
 
 
 
これをこのまま放置していると
 
左の目の下には、
圧が加わり、
シワができやすくなり、
流れが悪くなるので、
クマが濃くなったり、
シミもできやすくなるのです。
 
 
 
単なる老化現象ではなく
ゆがみから起きてしまう
シミ、シワ防ぎたくないですか?
 
そんなシミ、シワは
ゆがみ対策をすることで
防げるのですよ。
 
 
 
それでは、明日は、その対策をお伝えしますね。