骨盤底筋が引きあがる理由は、呼吸による横隔膜の動きに連動するから


 

左右対称チカラのある美を軸から創る
シンメトリー美人プロデューサーの
Roeです。 

 

前回は
骨盤底筋群を前後に分けて
動かせる
ことをお伝えしました。

 

 

軸を創るときに使う
骨盤底筋のエリアはどこかを理解するには

 

まずは、呼吸によってどうして
軸が引きあがるのか

コアの構造から
考えると理解できます!^^

 

 

コアというのは
上は横隔膜
下は骨盤底筋群

囲まれたエリアのこと

このコアが強化されていると
「体幹が強い」と表現されるのですね

 

 

そもそも私たちの呼吸って
どうやって肺に
空気が入ってくるのでしょうか?

 

 

肺自身は自分で肺を

大きくしたり
小さくしたりと

動かすことができないのです。

 

 

 

呼吸ができるのは
肺の下に位置する

「横隔膜」(おうかくまく)

動くからです^^

肺と横隔膜.jpg
↑図の赤い部分が横隔膜です。

 

 

肺が自分自身で
膨らんだり、縮んだりと
動くことができない代わりに

 

横隔膜が緊張したり緩んだりして

上下に動くことで

肺に空気が入ったり、
出て行ったりできるんです。

 

 

 

この横隔膜、
息を吸ったときに
上と下のどちらに動くのかわかりますか?

 

逆に息を吐いた時には
上と下のどちらに動くのかわかりますか?

 

 

ぜひ、今、呼吸をして
感じてみてくださいね^^

 

どうでしょうか?

 

 

なかなか感覚では
わかりにくいですよね。

 

 

正解は、

 

 

横隔膜が下がると息を吸え

横隔膜上がると息を吐ける

のです。

 

 

どうでしたでしょうか?

 

多くの方が、
逆に感じてしまうのです。

 

息を吸うと胸が持ち上がるから
上に上がるように感じ

 

息を吐くと胸が下がるから
下に下がるように
感じてしまうのですが、

 

構造で考えるとわかりますよ^^

 

 

横隔膜が下がる

横隔膜吸気.png

肺のスペースが広がって
そのままだと真空になるので
肺に空気が入ってくるのです。

 

 

横隔膜が上がる

横隔膜呼気.png
肺のスペースが狭くなるから
空気が外に吐き出されるのです。

 

まとめると こういうこと。

呼吸構造.jpg

赤い色で示した横隔膜の位置によって
肺が縮んだり膨らんだりしてますね。

 

 

さて、
息を吸うときは

横隔膜が下がると、肺が真空になるから空気が入ってくる 

 

 

でしたね。

 

 

それでは、息を吐く時、
横隔膜が上がったら
骨盤底筋との間だって

真空のチカラが働きますよね^^

 

 

 

だ・か・ら

この真空のチカラで

骨盤底筋引きあがる

のです。

 

 

横隔膜上に上がるから

骨盤底筋上に上がる

のです。

 

 

では、この構造がわかった上で

実際に骨盤底筋が起動するエリアが
どこなのかを考えると納得できます。

 

この続きは、また次回^^

 

 

ps. 

呼吸の度に動く横隔膜。
焼肉でいうと「ハラミ」です。

 

常に動いてる筋肉なので、
ほんとうに柔らかくておいしいですね〜^^
Roeの大、大好物です♡

焼肉に行ったら、ハラミだけで大まんぞく〜。

 

 

 

軸を通して、
あなたもシンメトリー美人になりましょう!^^
Roebestbody6.JPG