普段から骨盤底筋群を前と後を分別して動かせている!!


 

左右対称チカラのある美を軸から創る
シンメトリー美人プロデューサーの
Roeです。 

 

 

前回は、

軸は複数の筋肉の集まりである
骨盤底筋群の
とある部位を稼働させる
ということををお話しました。

 

 

お股の筋肉を下から見ると

5E996127-AF5C-4F6F-BCE4-E061807107EA.jpeg

 

恥骨・尾てい骨・左右の坐骨
で挟まれたひし形のエリアの筋肉が

内臓器を下から
ハンモック状に支えているのが
骨盤底筋群 です。

 

実のところ、この狭き
ひし形の中に
9つもの種類があり

 

それぞれ、
筋肉の繊維が違うので
別々に動かせるのですよ^

 

 

 

ピラティスや
ヨガをしている方は、

インストラクターから
骨盤底筋群を引きあげる時の目安として

「骨盤底筋群は
 ハンモック状の筋肉ですよ」

だけしか聞いていない方は

 

感覚的に、
骨盤底筋群を一枚の膜として
感じられていた方が
多いのではないかと思うので

 

今の話を聞いて

まさか!
分解して動かせるものだとは
思っていなかった。

 

というのが
正直な感想ではないでしょうか?^^

 

 

 

実のところ、
骨盤の底とは、
大変デリケートなものなので

 

普段、意識を向けにくい
体の箇所でありますよね。

 

 

ではありますが、

一度、しっかりと意識を向けて、
感じてみると

別々に動くことを感じとることができます。

 

手の先についている指のように
自分の体の大事な一部として
しっかりと認識してあげるのです。

 

 

 

その際に、一番わかりやすい確認の仕方が

骨盤底筋群の

前のエリアと
後ろのエリアで分別することです。

 

 

それでは、試しに感じて見てください。

お尻の穴で肛門を
締めてみてください。

 

 

今、感じているのは
坐骨を境にして、後ろ側にある三角形の
真ん中にある
肛門括約筋をしています。

8394DC1F-0214-4ED5-AAE5-DF6091BC963C.jpeg

 

 

それでは、次に
おしっこを
我慢してみてください。

 

今感じてるのは、
先ほどの肛門を締めていた場所とは違いますよね^^

 

 

今、締めているのは
坐骨を境にして前側にある
三角形のエリアの
真ん中にある
尿道括約筋を締めています。

2570CFE6-9BA7-49F7-8A06-5DA46B7788DF.jpeg

この二つだけでも
筋肉が作用しているのが

前と後ろで
別の筋肉であることがわかりましたね。

 

 

それでは、
軸を創るときにつかう

エリアはどこであるかというと、、、

 

 

この続きはまた次回!

 

ヒントは、
息を吐く時の体の構造とリンクしますよ^^

 

 

いち早く、
正しい捉え方と
方法を学びた〜い
という方は

 

12/7(金)と12/17(月)に開催する

「ラグジュアリー・トライアルセッション」

にお越しくださいね

 

%%%_LINK_13052_%%%

cf6111c90b1decd0c2b85048def297e1.png

ベストボディジャパンで入賞した

ポージング&ウォーキングに必須な

軸の創り方について、

 

本来なら

シンメトリー美人®革命プログラムに
ご契約された方にしか

 

お伝えしていない方法を
直接Roeがお伝えします。

 

個別体験会でも
お伝えしていない内容ですから^^

 

これまで体験会に参加された方で

「軸ってどうやって創るの?」

 

って気になっていた方は、
この機会を手にしてくださいね^^

 

ラグジュアリーな
ロイヤルスイートルームの空間で

軸を引き上げた綺麗な姿勢を手にして
写真撮影しましょう!

E606105A-839F-4773-8319-F2338CBF3542.jpeg

 

 

 

軸を通して、あなたもシンメトリー美人になりましょう!^^
Roebestbody6.JPG