施術を受ける時の理想の姿勢は二の腕にあり!


 

 

前回は、仰向けで寝る際に

お腹の前で両手を組むと
肩が凝る
から

 

エステなどのフェイシャル施術で、
両手を組んでしまわないように
とお伝えいたしました。

 

 

かなりな反響をいただきました。^^
ご反応くださいました方々、ありがとうございます。
お役に立てれて嬉しいです。

 

それでは、本日は、
両手を組まずに具体的に
どんな姿勢で受けたらベストなのか
をお伝えしますね。

 

 

ヨガのポーズから学ぶ施術を受ける時のおすすめ姿勢!

 

ヒントは、
仰向け寝で
いちばんリッラクスできる姿勢
がよいのです。

 

 

ヨガをされたことのある方は、
おわかりになるかと思います。

 

 

 

答えは、

 

「シャバーザナ」

 

 

日本語でいうと、
『しかばねのポーズ』です。

 

 

極上のリッラクスポーズ
と言われています^^

 

 

しかばねのポーズをとる際に、よく
「手のひらを上にむけて」
と説明されることが多いのですが、

 

 

 

よりシャバーサナの作用をだすのであれば

「二の腕から上に向ける」
と説明するのがいいのです。

 

 

二の腕を外に開くように上に向ける

 

鎖骨が横に開いて、
胸がひらき

呼吸がしやすくなのです。

 

 

呼吸がしやすくなると
リラックスモードへ^^

 

 

リラックスモードに入るから

施術による作用が
引き出されやすくなるのです。

 

 

開くのが落ち着かない方は、手のひらだけを下に

 

もし、開いているのが
なんだか気持ち的に落ち着かない!

 

どうしても、
両手を組みたくなる!

そんな気持ちになるようでしたら、

 

 

 

二の腕は上にむけて開き、
手の平だけ下に向けて
みてください。

 

 

 

手のひらが下に向いていることで
気持ちが落ち着いてきますよ。

 

 

 

 

 

余談ですが、これは、
ピラティスでの
マットエクササイズで行う時の
腕と手の基本ポジションにつながります。

 

 

このポジションを経て
マットエクササイズを行うと
体幹も安定しやくなりますよ^^

 

 

施術を受ける際の姿勢は、まとめ

 

仰向けでの施術の際は
二の腕が上を向いていることで

リラックスができ
施術効果が高まりますからね^^

 

 

あなたが施術セラピストでいらしたら
ぜひ、あなたのお客様にも
お伝えされてみてくださいね^^

あなたの施術効果がより高まりますよ

 

 

*万が一、二の腕を外に開くのが
キツイようでしたら
かなりの猫背です。

小胸筋のストレッチをされてくださいね。

 

こんな姿勢で受けると施術効果が半減しちゃいますよ

肩こりの原因になる仰向け寝での両手組