左右非対称な顔のパーツの一違いが手が原因で下がってしまっている人の3種類のチェック項目!


こんな人は
手の重みに要注意!!

 

 

シンメトリー美人プロデュサーのRoeです。 

 

 

お顔は一切触わらずして
お顔のたるみを軽減させる
「シンメトリーハンドケア」の
BeforeAfterです。 

BfAf頬Web.png

beforeafter_hand.jpg

こういった結果が
大きくでるかどうかは
個人差があります。

 

そもそも
お顔を引き下げる理由が
手にはあまりない人は、
そんなに顔に影響がでませんから^^

 

 

それでは、
どんな人が
手からのアプローチが
有効なのか?

今日は、その点をお伝えしますね。

 

手取り早くいってしまえば、
こんな状態になっている人です。
 

 

【手がお顔を引き下げている
 可能性大な
チェック項目】

なんだか最近、目尻が落ちてきた。

頬がたるんできたように思う

輪郭がぼやけてきた

顔が下がってきた 

片側の頬だけ、たるみがひどい

肩がこっている

腕が上がらない

腱鞘(けんしょう)炎になっている

手がむくんで厚みがある

指がむくんで太い

 

 

どうですか?
あなたは、
当てはまってませんか?

 

 

もし、当てはまっていたら

手に溜まった疲労の影響を
お顔が受けている
かもしれません!

 

 

 

それでは、今度は、 
上記の症状はなくても
予備軍になりやすい項目をお伝えしますね。

 

下記のことにあてはまったら
今のうちから、
予防しておきたいですよね

 

【手がお顔を引き下げる予備群
 動作チェックリスト】

前腕や手や指のストレッチをしない

キー入力専門のPC作業をよくする

PC作業でマウスクリックをよくする

親指と小指をよく使う

重たいものをよく持つ

上腕よりも前腕の方をよく使う

 

上記のチェック項目は、
実際に、わたしがこれまでに
シンメトリーハンドケアの施術をして
お顔の状態がよくなった方々の特徴です。

 

 

あたなも
心当たりはないですか?

 

 

さらに、
そういった方々がどんな
生活スタイルをとっていたのか
職業別にあげてみます。

 

【手がお顔を引き下げる予備群
 職業別チェックリスト】

ピアニスト

料理人

美容師

ボディセラピスト

ジュエリーハンドメイド作家

染め職人

デザイナー

設計士

主婦

会社員

 

 

職業別にあげてみると
どのお仕事も
手に疲労がたまりやすい動作
されています。

 

 *実際に過去にわたしの施術を受けたことによって変化のあったご職業の方々です。
この職業の方々全員を示している訳ではありません。

 

 

手に疲労が溜まってしまっても
その解決策を実行していればいいのですが、
その解決策を知らない人がほとんど。

 

 

あなたは、
いかがでしょうか?

 

 

当てはまった項目があった方は
ドキッとしたかもしれませんね?

 

 

 

もしくは、

「いやいや、とはいっても、
  単なる推測でしょ?」

と思った方。

 

 

はい、そうです。(笑)

 

上記のチェック項目は、
わたしのこれまでに実績における
推測にしかすぎないのですが、

 

 

実は、今のところ、
百発百中で関係性が示すことができている
チェック項目があるのです。

 

わたしが
多くの方々の状況を分析してきた中で、

 

手にアプローチしたことで
お顔がリフトアップした方々
必ずといっていいほどに

 

共通したとある要素
あることに気がつきました。

 

 

ドキッとした方は、
その要素があるかないかを
チェックするだけでいいんです。

 

 

あなたの
お顔が引き下がってしまう原因の一つ
果たして、

 

手にあるのか!?
  ないのか!?

 

 

が簡単にチェックできる項目です。

 

そのチェックする内容は
また次回!

 

お楽しみに!

 

 

[mail]