3年前に頚椎椎間板ヘルニアになった方、お顔に軸が通りました


3年前に椎間板ヘルニアになってしまったことで、
全身、両手に痺れがあった田中敬子さん。

以前ピラティスをやられていて、
メンテナンスの重要性は認識されていらっしゃいましたが、
しばらく何もされていないとのことで
今回シンメトリー美人革命体験レッスンをお受けいただきました!

 

「シンメトリー美人革命セッション」では、
身体のゆがみを分析してその方にあった
コア
トレーニングと施術内容、セルフメンテナンスを組み立てます。

その場限りのものではなく、
しっかりとしたシンメトリー美しさを定着させることを目的としたコースです。

そのため「革命」とまでうたっています。(^0^)/

 

敬子さんの場合は、右肩上がりで、お首が右側に傾く傾向がありました。

骨盤の傾きによって、右足が短くなられてました。

image

 

まずは、コアのいれ方をしっかりと定着させてからの
トレーニング。

 

背骨を自己整体で整えることで、体に軸が通られました。

ロールダウン

 

体を動かし整えた後は、
お顔の施術がとてもスームーズに運び、整いやすくなるのです。

 

コアトレーニングの後は
クラニオパシー(頭蓋骨療法)の施術で
うっとり夢の世界に入られて気持ちよくお受けいただきました!

 

立ったときと、横に寝た時とでは、重力の向きが違うので、
ゆがみの出方が変わるので
立った時と横に寝た時の両方から、
シンメトリー度を調整します。

 

首が傾いてしまう癖があったのが、
まっすぐになり、シンメトリー度がアップされました!

 

image

(鎖骨の中心軸で比較をしてみると、施術後はシンメトリー度が上がってます)

頬も上がり、すっきりとしたフェイスラインにお喜びいただきました。

 

頚椎椎間板ヘルニアの方は、以外と多く、
同じ症状の方に、オススメとの敬子さん。

 

敬子さん、シンメトリー美人の世界へようこそ(^-^)/

image