足裏が繊細なセンサーになって重心が内に入りました。


シンメトリー美人革命セッション」をお受けいただいているようこさん

前回のセッションで、
落ちていた後頭骨が上がってきて、いい感じがされるとのことで、
今回は、さらに足根骨を整えることで、頭蓋骨の調整も試みました。

 

 

足首のかかとの骨は、
頭の後頭部の骨と連動しているからです。

 

27個の足の骨を一個つづスライドしていくことで、
骨を調整していくなかで、

細かな振動が体全体に伝わり、
体に溜まった疲労を振り降ろさせているかのように
感じられる足根骨矯正

体全体のゆがみ調整にも持ってこいの施術です。

 

 

足根骨矯正

 

施術が終わって、ベットから立ち上がると、

いつもよりも足裏に繊細な感覚になり、
まるでセンサーがついたかのように、感じられるようになりました。

重心も内側に入れるようになったことを認識することができました。

 

20年前の左半身麻痺になってから、いつも左側は重く、感覚が鈍いとのことですが、

今回、しっかりと左の足裏にも感覚が戻ってきて、変化を感じられました。