蝶のお尻がシンメトリーな美人になる秘訣だった!


顔の中心に位置する形骨」
シンメトリーに整えることが
シンメトリー美人のキーポイント!!

 

A280EA09-FE29-4E28-9661-68317139BB93.jpeg蝶形骨正面.png

(画像もと:wikipedia)
↑赤いのが顔の土台にある蝶形骨です。

 

シンメトリー美人®プロデューサーの
Roeです。

 

 

目や頬の位置が
左右対称でない場合

パーツを形つくっている骨を
土台の骨から
コントロールすると効率がいいんですよ^^

 

 

どうやって
土台の骨である
形骨を整えるかというと

直接的アプローチと
間接的アプローチの
2つの方法があります。

 

 

直接的にアプローチするといっても

蝶形骨は顔の真ん中奥にあるので
直接触れる場所がないのでは???

 

と思ってしまうかもしれません

、、、が!

実は、唯一、
一箇所だけ
蝶形骨に触れる箇所があるのです。

 

 

それが、

こめかみ!

こめかみ蝶形骨.png

こめかみは、

蝶々の形をした蝶形骨の
大翼(たいよく)という場所なのです。

 

大きな翼
のように見える箇所だから大翼です。
蝶形骨大翼.png

この大翼を左右から
ある方向に軽く誘導していくことで

傾いていた蝶形骨のバランスを
整えて行くのです。

B7E28947-D9E9-450C-987A-A806CF26C846.jpeg

こんな風に傾いていた蝶形骨も
まっすぐシンメトリーに!
バランスを取れるように。

AA7BEF85-69E4-4720-8820-D33CC98342C5.jpeg

 

後ろから見ると、こんな感じ
2DF39B06-FDF6-4760-9CCE-87F028439EFD.jpeg

 

なんか、お尻の部分とか
可愛いくないですか?^^

 

 

この骨、%LAST_NAME%さんの目の奥にあるのですよ〜^^

 

 

おっと話しがずれてしまいましたが、

 

大翼をある方向に押しても
バランスを整えることができるかというと、すべてのケースを補えないのです。

 

 

翼から整えるよりも
元から整えることの方が
影響が大きいのです。

 

 

蝶形骨の元ってどこかというと
お尻にみえる部位なのです。

 

このお尻に見える部位は
顔の中心にあるので
直接、指で触れることはできません。

 

 

それで、
間接的なアプローチの仕方が
有効になるのです。

 

 

間接的なアプローチではありますが、
直接的にアプローチするよりも
作用は高いのです。

 

 

 

どうやって?

蝶形骨のお尻から整えるかというと
ヒントは、こちらの画像。

蝶形骨のお尻の部分の関節が
なんの骨と隣接しているでしょうか?

 

蝶形骨.png 
(頭を上から割ってみた図:
 真ん中の赤い骨が蝶形骨)

 

大ヒントです^^

この続きは、はまた次回