蝶々の羽が目の左右差を整える秘訣!


シンメトリー美人プロデューサーのRoeです。

前回、目の高さ違いを整える蝶形骨
アプローチの方法は直接的、間接的の方法の
2種類あるとお伝えしました。

 

 

今回は、この直接アプローチする方法をお伝えしますね。

 

 

 

ポイントは、 蝶々の羽です!^^

 

 

 

直接 蝶形骨にアプローチする方法

 

蝶形骨は眼球を後ろから支えている骨で
お顔の中心に位置しているのですが、

蝶形骨正面.png
(画像元 wikipediaより)
赤い骨が蝶形骨です。
蝶々が羽ばたいているように見えますね^^

 

 

唯一、触診できる箇所があります。

 

 

それが、こめかみです

 

 

蝶々のような形をした蝶形骨の翼の部分
大翼(たいよく)という部分が
蝶形骨大翼.png

唯一、目の外側まで伸びているのです。

 

その部分がこめかみなのです。

 

こめかみとは、
この蝶形骨の羽の部分で
触診できる唯一の箇所です。

 

 

こめかみ蝶形骨.png

 

 

それでは、

蝶形骨のゆがみチェックの仕方です

 

この左右のこめかみを
両親指の腹で押した際に

・指の腹で感じる左右の骨の角度が違う
・左右で痛みが違う

 

といったことがあったら
蝶形骨が傾いている
ことになるんですよ。

 

 

どんな傾き方があるかというと、

 


上下、左右、前方後方
3つの方向、つまり3次元
で傾きます。

 

 

蝶形骨が上に上がれば、
目の位置はあがり

 

 

左右にずれれば、
目の外の顔幅が変わり

 

 

前方後方に傾けば、
に出た方の目が大きくなり
後ろに下がった方の目が小さく
なるのです。

 

 

これら3つの方向の傾きが複合して
目の左右差が生まれるのです。

 

 

 

あなたの目の左右差はいかがですか?

 

 

 

蝶形骨をセルフで整える方法

 

 

蝶形骨メンテ.png 

こちらは、シンメトリー美人革命の
セルフメンテナンスの教科書
シンメトリーBookから特別に一部公開です。^^

 

 

****************

親指の腹をこめかに置いて
息を吸いながら
鼻先の方にソフトにゆっくりプッシュ

3回でOKです。
****************

 

 

ただし!

 

力を入れすぎたり、
回数を多くやりすぎすると
気持ち悪くなる
可能性がありますので、

ご注意くださいね!!

 

 

 

目の左右非対称を整える他に、
目の疲れや頭痛の軽減にも
お役に立てれるメンテナンスです。

 

ぜひ、ソフト行ってみてくださいね。