激動の2017年を勝つ起業家として過ごすヒント


わたしたちが、単なる起業家とは違うのは◯◯◯にある!

 

2017年以降、急激に増えてくる個人起業家。

多くの起業家のなかに埋もれてしまうことなく
吐出していくために、必要なことが体験できる
起業家のための合宿グローイングCODE。

 

 

本当に、1日1日がとっても濃い内容で
凝縮された日々を過ごさせていただきました。

 

その一瞬一瞬を忘れないようにと
得られたことを身につけて、
ビジネスの発展に活かすために

わたしたちが行っている
とっても大事なことが1つあります。

 

これを行うかどうかで
実は、未来が変わるかどうかの
大きな分かれ道となるのです。

 

私の師の長瀬葉弓さんは、
これを行うことで、
年商1億円を3年連続で到達されています。

 

そして、門下生75人以上に
月商7桁8桁の結果を
出しているのです。

わたしもこれを行ったことで、
月商7桁が当たり前となった
メンバーの一人になっています。

 

 

そのあることとは、

備忘録

記録を取ることです。

 

 

 

私たちの当たり前の習慣の一つが、
備忘録をとること。

 

 

大切な瞬間を、
しっかりと自分のなかに刻むために。

 

人は、
いくら感動しても、
こうしようと心に決めても、

 

何もしなければ
その想いは三日経もたてば薄れてしまいます。

 

その体験がなかったこと
のようになってしまうのです。

 

 

あなたもそんな経験はないですか?

 

 

 

わたしたちは、
体験したことを記録に残すことで
未来につなげています。

 

記録をもとに、
自分のビジネスに活かし、発展させるのです。

 

しかし、
重要なのはその記録の取り方なのです。

 

どう備忘録を取るのか。

 

この記録の取り方を知らなければ、
その記録はなんの役にも立たないのです。

もったいないですね。

 

 

どうせ記録を取るのであれば、
未来に活かせる記録とすることが大事なのですね。

 

わたしたちは
正しい捉え方と方法を学び
そのもとで記録をとっています。

 

だから、
次の自分に活かし、
発展させることができるのです。

 

その記録の取り方で、
自分以外の人、
門下生もゆたかにすることができるのです。

 

今回、7泊9日で得たグローイングCODE4th合宿での
濃い学びの時間を無駄にすることなく

 

自分のため、
お客様のために
門下生のために

 

備忘録を作成しています。

 

この備忘録を振り返ると
未来への発展のヒントが湧き上がってきます。

 

うふふ(o^^o)

 

それをつなげていくのが楽しみです。

 

 

どんな風に備忘録を取ればいいのか、
その記録の取り方については
シンメトリー美人アカデミーでお伝えしていきます。

 

もしかしたら、
メルマガでもお伝えするかもしれませんね。(o^^o)

シンメトリー美人メールレッスンの登録はこちらから