恐怖!あなたの感覚が見た目とは真逆になっている事実!


あなたの感覚は
見た目と同じ?違ってない?

 

 

シンメトリー美人プロデューサーのRoeです。

 

昨日は、
首の傾きが左右均等にできないと
耳や肩の高さ違いが生じていることを
お伝えしましたね。

 

 

 

実は

 

見た目の傾きの角度と
本人の感覚が同じであるとは
限らないのです。

 

 

見た目には
首の傾く角度が大きいのに

首の傾きズレ

傾けている角度が大きい方に対して
首が傾きにくい
判断したりしちゃうんですよ。

 

首

傾きを阻害していると
感じる箇所に触れていただくと

 

傾く可動域が大きいほう
弊害があると感じられたM子さん。

 

 

なぜ?

見た目と感覚に
違いが起きてしまうのか?

 

 

傾けている分
組織が引っ張られているので
動きにくいと判断しちゃうのです。

 

 

姿勢を評価する上で
大事なところとは、

 

第三者の目から見る
外からの分析

 

自身の感じる
内側からの感覚

リンクするのか
リンクしないのか

 

 

それがなぜ、
起きているのかを
分析すること
ゆがみの状態を把握する
判断材料になるのです

 

 

 

では、
なぜ起きているのでしょうね^^

 

 

 

その理由が、
体を覆って
姿勢を形作っている
筋膜の作用によるものなのですよ〜。

 

 

どういうことか、
続きはまた次回^^

 

 

あなたは
感覚のズレ、おきてませんか?