目の左右非対称を解消させる鍵となる4つの骨


 自己流対策では、変化がない

 

目の左右非対称のお悩みをお持ちでいたSさんに
目左右非対称before.jpg
これまで行ってきた
お悩みを解消の対策を教えていただきました。

 

 

顔にコロコロをかける など
リンパを流すことをしましたが、
大きな変化はないように思います

 

Sさんご自身も、
変化はなかったことを上げられてますが
ゆがみを解消することに対して

 

ご自身で対策をするのは
知識がなければ、
なかなか難しいものですよね。

 

 

リンパを流せば、むくみは軽減できます。

 

むくみが軽減されることで
多少のたるみは軽減しますが、

 

目の高さ違いを整えるのであれば
むくみ軽減だけでは
整えられません。

 

 

 

骨からのゆがみがあるのであれば
骨からアプローチをすることが
大事になってきます。

 

 

どんなアプローチかはこちら。

 

目の左右非対称を解消させる方法

 

目の左右非対称を解消させるには
眼球を包み込んでる
4つの骨が関係してきます。

 

それが
(キャロライン嬢のドアップにて失礼しますね ^^)

スクリーンショット 2017-02-10 23.39.54.png

目の上の前頭骨(ぜんとうこつ)
目の外側の頬骨(きょうこつ)
目の下の上顎骨(じょうがくこつ)

 

 

そして

目を裏から支える蝶形骨(ちょうけいこつ)

です。

 

 

目を整える際には
この4つの骨にアプローチすることで
結果が出ます。

 

 

とくに蝶形骨
眼球を裏から支える土台になっていて

 

 

 
蝶形骨.png
頭頂から頭蓋骨の内側を見たキャロライン嬢。
真ん中の赤い骨。
蝶々の形をしているので蝶形骨といいます。

 

 

他の骨と一番多く隣接しているので

この蝶形骨を整えることが
ゆがみの根本改善につながるのです。

 

 

それには、
直接、蝶形骨にアプローチする方法と

連動する骨から間接的
アプローチする方法の

 

2種類あります。

 

 

どうやって整えるのかまた次回。

 

蝶々の羽が目の左右差を整える秘訣!

 

蝶形骨の整え方を知らなければ、
いくら自己流で対策を望んでも、
目の高さ違いの改善は難しいですからね^^

 

 

あなたのお手元に毎日届く
シンメトリー美人メールレッスンはこちらから