【素人と玄人の違い】間違えないでね〜!肩の高さ違いを比べるときにどこで見るか


訂正)
大変失礼いたしました。
先ほど送りました内容に

文章の記載ミスがありましたので
再度訂正してお送りいたします。

(なお、シンメトリー美人個別相談会に
 お申し込みされた方で、
 メールアドレスの記載ミスかで
 連絡が取れてない方がいらっしゃいます。
 心当たりある方は、ご連絡くださいませ)

==========

首こり肩こりが
ひどい人ほど間違えちゃうから

 

  

シンメトリー美人プロデューサーのRoeです。

昨日は、
お顔のパーツに高さ違いがある方

 

 の高さ違いがあることを
お伝えしました。

 

 

この肩の高さ違い、
どこで左右差を見るのか
知ってます?

 

 

 

比較する指標がないと
毎回見る場所が違っていしまい
正しく評価ができないですからね。

 

 

ぶっちゃけですが、
わたしが某ピラティススタジオで
インストラクター講師をしていた際に

この指標を知らない
ピラティスインストラクターが
姿勢評価をしている現場を
目撃したことがあります。

 

 

 

(えっ、まさか!
 そんなところで
  肩の高さの評価をしているのっ!?)

 

って驚いたものでした。

 

 

 

間違えてほしくないなぁ

と思うのが

 

首の付け根で
左右差を比較しようとすること。

 

なぜかって
首の付け根は、
僧帽筋という筋肉のコリぐあいで、

僧帽筋.png
どこからが
どこからがなのか
判断がしずらいから

なで肩の人はとくに!

 

 

左右差を比較するになら
しっかりと
骨の位置で把握しましょう!

 

 

それが、
ここ「肩峰(けんぽう)」です

肩峰.png

( 参照元:wikipedia)

 

肩の峰っていう字を書くだけに

肩の最も上の部分となる
大きくやや三角型あるいは
楕円形の突起です。

 

 

手でさわると
骨が出ているのがわかります。

 

 

この位置で左右差を比較すると
指標になるので
毎回正しくゆがみの状態を
判断することができますよ^^

肩

上記の方は、右肩があがってますね。

 

下記の方は、左肩あがりです。

肩 

 こんな風にね^^